公正証書遺言作成サポート

遺言書と言うのは、相続の際とても大事な物です。
認知症になってからでは、公正証書遺言を作成しようと思っても作成できない可能性が高く、作成できたとしても、効果を疑われて後々トラブルになり無効になる可能性があります。


公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、「公証センター(役場)」に行き、作成する遺言書です。

自筆証書遺言もありますが、有効性の高さ、相続の際家庭裁判所の検認が不要など、手続き簡便さを考えると、公正証書遺言をお勧めします。

※検認とは、相続が発生(本人が死亡)してから、自筆証書遺言があった場合、家庭裁判所に行きする手続きで、相続人の戸籍(謄本・除籍等)を一通り集め、相続人を全員呼び、家庭裁判所にて遺言書の存在及び内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続で、時間も手間もかかります。なお、封のしてある遺言書を勝手に開封すると、5万円以下の過料に処せられる可能性があります。

通常これを行わないと、銀行、不動産登記変更などもできませんので、自筆証書遺言は後々とても面倒なことがわかります。

財産を相続させたい人を安心させるためにも、公正証書遺言にした方が良いでしょう。

それに紛失・偽造リスクも回避できます。


○遺言を作る理由として
生前贈与をしている場合など、それを計算して遺言をうまく書かないと、その部分が「特別受益」として計算され、遺言書通りに行かないどころか、遺留分を請求され、相続させたい人への相続財産がマイナスになってしまう恐れもあります。
遺言書とは、生前からうまく考えて贈与、遺言書を作成しないといけません。
遺言執行人を付けておくのも大事です。

執行人を指定しておかないと、遺言どおりに誰が執行するのか、その遺言が本当にそのとおり実行されるのかがわかりません

特に次のブログに記載してあるような状況の人は、遺言を作成した方が良いです。

遺言書を作るべき状況とは

専門家に依頼しないでも公証センターに行けば手続きは出来ますが、公正証書で遺言書を作成したとしても、遺言能力がないと、後々遺言書を否定される可能性があります。

それに、公証人は『文書の成立の真正を証するだけ』で中身は判断してくれません。

やはり、専門家にご相談することをお勧めします。

「安物買いの銭失い」と言うように、お金がかからないから自筆証書遺言にしたのは良いが、後々の煩雑な手続きや紛争ごとになってしまい、「余計にお金がかかった」なんてことになってしまっては元も子もありません。

そんなことにならないよう、我々行政書士専門家にお任せいただき、公正証書で遺言を作成することが大事なのです。


生きているうちに、自ら相続の対策を考えましょう!


すでに相続が開始している場合はこちらをクリック→相続手続きのサポート


○対応地区

埼玉県桶川市、上尾市、北本市、鴻巣市、さいたま市、伊奈町、蕨市、戸田市、川口市、川越市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、越生町、毛呂山町、東松山市、坂戸市、鶴ヶ島市、川島町、吉見町、滑川町、小川町、行田市、羽生市、加須市、熊谷市、深谷市、本庄市、久喜市、蓮田市、白岡市、春日部市、越谷市、草加市

※その他の地区でも対応致します。

※別途、公証人手数料、交通費等、諸費用かかります。

遺言書に遺言執行者を指名される場合の遺言執行料は、相続財産(亡くなったとき)の1.5%(最低金額20万円)となります。1億円を超える財産の場合は、別途応相談。


お問い合わせ先

〒363-0028 埼玉県桶川市下日出谷西2-16-7

斉藤竜造行政書士事務所

行政書士  齊藤 竜造