障害年金請求手続サポート

障害年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者(被保険者であった方)が、法令で定める障害の状態に該当し、かつ障害の原因となった病気ケガについて、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(これを「初診日」といいます。)において一定の保険料納付要件を満たしている方が受けることができます。

障害年金の請求は、初診日の確定や現在の障害の状態確認などさまざまな手間がかかり、自分で請求しようと動いたものの、挫折したという話をよく聞きます。

障害年金の請求と言うのは、最初の手続きでつまづくと、あとの請求にも影響が出てくる場合があります。

その面倒な手続きやお医者様へのお話などを、プロである社会保険労務士が代わって行います。

障害年金とは、病気やケガによる障害により、初診日に65歳未満などの一定の要件のもと支給される公的年金です。障害年金と言えば身体障害を想像されますが、身体障害以外にも知的障害

統合失調症・躁鬱病(双極性障害)・うつ病など精神疾患でも障害年金を受給できます。

そして、「精神疾患は、障害年金の受給が難しい」と言われています。

なぜ難しいのか?

それは、身体障害の場合には、検査によって明確に数値で判断できますが、精神疾患は、症状の程度が数値で出る訳ではないからです。

症状の判断は、ご本人や医師の”主観”で決まる部分が多いのです。


そのため、

医師が書く診断書

の書き方で、大きく変わってきます。

医師も判断が難しい

医師が書く診断書には、患者の日常生活について書く項目があります。

しかし医師は、あなたの日常生活を詳しく知っているわけではありませんので、どうしても普段よりも軽く診られてしまうことが多いのです。

1回数分の診療時間、また、調子が悪くて病院に行けない時もあります。

そうなると、医師は、調子が悪い時の状態がよくわかりません。

そのため、実際の症状よりも軽めに診断書を書かれてしまう、ということが起こるのです。

そこで、プロである社会保険労務士がいるわけです。

あなたの本当の症状を医師にお伝えし、軽く診断されないよう致します。


家を建てるときには建築業者さんである専門家に依頼するように、障害年金を理解している社会保険労務士に依頼するのは当然ことです。請求に失敗して本来受給できるはずであった障害年金が不支給にならないリスクを回避するためにも、専門家である社会保険労務士にご依頼ください。

障害年金は身体障害、精神障害のほか、眼の障害、聴覚の障害、鼻腔機能の障害、平衡機能の障害、そしゃく・嚥下機能の障害、音声又は言語機能の障害、神経系統の障害、呼吸器疾患による障害、心疾患による障害、腎疾患による障害、肝疾患による障害、血液・造血器疾患による障害、代謝疾患による障害、悪性新生物(ガン)による障害、高血圧症による障害などあります。

詳細は日本年金機構のHPに載っております。

日本年金機構認定基準


※事務手数料には、通常の交通費・通信費が含まれております。

※診断書代は別途かかります。


対応地区

埼玉県桶川市、上尾市、さいたま市、北本市、鴻巣市、伊奈町、川越市、富士見市、ふじみ野市、日高市、毛呂山町、越生町、東松山市、坂戸市、鶴ヶ島市、川島町、吉見町、滑川町、鳩山町、小川町、久喜市、白岡市、蓮田市、幸手市、行田市、熊谷市、深谷市、加須市、羽生市、春日部市、越谷市、草加市、朝霞市、志木市、新座市、和光市


お問い合わせ先

〒363-0028 埼玉県桶川市下日出谷西2-16-7

斉藤竜造社会保険労務士事務所

特定社会保険労務士 齊藤 竜造